アロマテラピストになるには

アロマセラピストになるには

アロマテラピストという仕事を聞いたことはあっても香りを使うこと以外、どんなことをしているのかわからない人は多いと思います。
アロマテラピストは身体の不調や心身のリラクゼーションに応じたアロマテラピーを行なう芳香療法の専門家で、癒しを求める方達のスキンケアやストレスケア等のお手伝いをしています。
今回はアロマテラピストの仕事内容や収入、将来性についてお話ししていきます。

アロマテラピストになるには

仕事内容

アロマテラピストとは、天然の植物から抽出したエッセンシャルオイルを使いアロマテラピーの施術を行う施術者やアドバイザーです。
香りによるヒーリング効果で心と体をリラックスさせたり、ストレス解消や様々な体の不調を改善に導く仕事です。
勤務先はアロマ専門ショップや美容サロン、アロマトリートメントサロンのほか、治療院や心療内科などの医療関係施設でアロマアドバイザーとして従事する人も増えています。
またアロマスクールでアロマセラピストを育てる講師として働くこともできます。

アロマテラピストになるには

アロマセラピストには国家資格が設けられていませんが、アロマテラピーは人の心身に少なからず影響を与えるものなので、しっかりした知識を持った上で施術を行うことが大切です。
「アロマテラピーアドバイザー」「アロマセラピスト」「アロマテラピーインストラクター」など民間の資格を取得していると、しっかりした知識が備わっている証明になります。
また、資格を持たずにサロンなどに就職し、働きながら一から学んでアロマセラピストの地位を獲得する方法もあります。

収入

アロマテラピストの平均年収は、およそ270万円です。
サロンなどで働くアロマセラピストの場合、初任給は資格の有無によって異なります。
年齢や所属する企業の規模などによって差がありますが、約200万円〜300万円ほどとなっています。
勤めながらでも、より上位の資格試験に合格すると給料が上がるシステムを採用している企業を多く見受けられます。
また、長年勤めると給料は上がる傾向にあり、チーフや店長などの管理職になると比較的高収入が得られることも多いようです。
経験を積んで独立して働いている人も少なくありません。

将来性

アロマセラピストの世界は年齢や経験に関わらず、本人の実力次第で高収入を得ることができます。
サロン勤務であればリピーターを増やし、指名を多く獲得できれば高レベルの歩合給やボーナスを得ることも可能です。
さらにサロンで主任や店長などの役職に就けば、一流企業勤務の男性社員並みの年収も期待できるでしょう。
アロマセラピストはセラピーサロンで働くほか、個人で独立・開業も可能な職業です。
自ら独立してマイサロンを開業すれば、努力次第で起業家として高収入を獲得することができます。
独立開業や起業というと資金や経営能力が必要と考えがちですが、アロマテラピーというジャンルの特徴として「小さなサロン」や「出向営業」などもできるのでハードルはそう高くはありません。
実際に自宅のスペースをサロンとして使用し、独立して営業しているアロマセラピストもたくさんいます。

まとめ

アロマテラピストは香りによるヒーリング効果で心と体をリラックスさせたり、ストレス解消や様々な体の不調を改善に導く仕事です。
現代はアロマテラピーが、ストレスを抱える人や心の悩みを感じている人の「ストレス解消のためのリラクゼーション」としても注目されています。
また、超高齢社会といわれる我が国の現状から、高齢で体調に不安がある人、足腰の痛みに悩まされている人の利用も増えてきました。
アロマセラピストは「これから需要が伸び、将来性が高い職業」といえるでしょう。
アロマテラピストの資格を取得し不調で苦しむ人を自然の力に安全に改善させるように日々勉強を頑張りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする