アロマテラピストの最短ルートは資格取得

アロマセラピストの資格取得

人を癒すアロマテラピーを仕事にしたいけど、どうすればプロになれるの?とそんな想いを持ち、アロマセラピストの仕事に興味があるという方はまずアロマテラピーの資格を知っておきましょう。
アロマテラピーの仕事に就く最短ルートは資格を取得することです。
今回はアロマテラピストになるための資格取得の最短ルートについてお話ししていきたいと思います。

アロマセラピストの最短ルートは資格取得

まずは主なアロマセラピストの資格認定団体をご紹介します。

日本アロマコーディネーター協会(JAA)

日本アロマコーディネーター協会は、社会に貢献できるアロマコーディネーターの育成を目的に1995年に設立されました。アロマコーディネーターとは、アロマセラピーに関する基礎知識を備え、アロマを安全に生活に取り入れることができる方であることを示す、JAAの認定資格の一つです。

AEAJアロマテラピー検定(日本アロマ環境協会)

AEAJは内閣府に公益認定された、アロマテラピー関連で唯一の公益法人。植物の香りを用いた「アロマテラピー」を通じて人々の心身の健康に寄与することを目的に、アロマテラピーの普及・調査・研究などの活動を行っています。その一環として、アロマテラピー検定をはじめとした各種資格認定による、正しい知識と技能を持った人材育成に取り組んでいます。
また、自然の香りある豊かな環境(アロマ環境)を未来につなぐため、環境カオリスタ検定や香育など、自然環境の保全・創造にむけた取り組みも推進しています。
プロのアロマセラピストとして、一般の方にアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を認定する資格です。
精油の専門知識に加え、解剖生理学や皮膚科学に関する知識、トリートメント技術などを習得し、ボディおよびフェイスへのアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを提供できる専門人材です。

NARD

NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)は、アロマテラピーに関する必要情報を提供していく機構として、1998年に設立されました。NARDはフランス式アロマテラピーに分類されます。講座に関しては、目的に合わせて2つの入門コースと3つの資格取得コースを運営・認定しています。資格取得コースは全国各地の認定校で受講することができ、修了後、認定試験に合格・認定登録を申請することで、認定資格を得ることができます。資格は、NARD JAPAN独自の資格認定制度によるものです。

IFA国際アロマセラピスト

国際アロマセラピスト連盟(IFA)はアロマセラ ピーのための専門機関です。また IFAは 1985に設立された臨床とホリスティックアロマセラピーを初めて世界的に展開した管理機関です。我々の目的は知識の向上と教育と訓練によるアロマセラピーの専門的技術の実践による健康とウェルビーイングを保持し続けることです。
我々はプラクティショナーとコース提供者のためにアロマセラピーの水準規定を統制し公認しています。我々はメンバーの誠実性の高水準を得るため、またクライアント、公共と専門職を守るための知識と専門意識を援助します。
会員は実践をサポートするためのその分野における最新情報や変化や発展など広範囲にわたる利益を得ることができます。私たちはコース認定校・提供者を通じて世界的に認識された資格を多くの 方に取得していただくためにアロマセラピーと精油の専門分野に特化したディプロマコースを提供しています。
当連盟の専門性規格に到達するためにコース認定 校・提供者を支援し、教えるための革新的なコースも提供しています。IFAは国民医療保険病院やホスピス、看護専門職におけるアロマセラピーの先駆けであ り、我々の専門知識は独自の教育プログラムや、メンバーの継続的な専門的施術の増加で証明されています。

CIDESCOアロマセラピスト

CIDESCOアロマセラピストとは、CIDESCOの試験に合格したセラピストのみが受けられるCIDESCOアロマセラピスト試験合格者のことです。
CIDESCO(シデスコ)は、エステティックの教育機関として世界的に認められた国際団体です。1946年にベルギーで設立され、70年にわたる歴史を誇ります。
【CIDESCO INTERNATIONAL 】フェイシャル・ボディトリートメント、メイクアップ、化粧品学などのエステティック全般に関する知識と技術のレベルアップと、世界中への普及を目的とし、各国のエステティシャン、皮膚科医などの医療従事者、学識経験者が多数参加して設立されました。
現在、世界で30ヵ国以上の国が加盟、日本は1972年から支部を設立し加盟国となりました。
CIDESCOでは独自の基準に基づき、エステティシャン、学校、サロンの認定制度を設けて世界水準を保っています。CIDESCOセラピストとなるには、CIDESCOが定める認定校にてハイレベルなカリキュラムを受け、合格することが必要です。
ごく短い研修で発行される他の資格とは一線を画し、優れた人材を多数輩出することで世界的に高い評価を受けています。磨き上げられたエステティシャンのみに可能な、世界水準のエステティックを提供します。

アロマテラピストの資格を取る方法

スクール

アロマテラピーの知識や技術を教えてくれる専門スクールで学ぶ方法で、この道が最も王道とも言えます。
通学の必要があり学資もそれなりに必要ですが、プロのアロマセラピストになる為の最短のコースのひとつといえるでしょう。
専門スクールではアロマの知識とハンドテクニックを習得できるだけでなく、民間団体のアロマ認定資格を取得できるコースで資格を取る事ができます。
また、進路相談はもちろん卒業後には就職サポートなどが受けられるため、時間がある学生さんなどに向いています。

通信講座

通信講座は、スクールに通学する事ができない家事や育児中の主婦や仕事をしながら資格を取りたい方に適した勉強方法です。
自宅に居ながらにしてアロマテラピーをオンライン講座やテキストで学ぶ事ができます。
肝心のハンドテクニックは自宅で予習した後、講座の実技の授業で直接教えてもらえる機会もあります。
スクール通学より費用が安く済み、自分のペースで勉強できるというメリットもある効率的な方法といえるでしょう。
通信講座を終え、資格試験に合格することでアロマテラピーの資格を取得することが出来ます。

独学

独学でセラピストになることは可能なのでしょうか?
まず、国家資格については専門学校を修了することが資格取得の条件になっていますので、独学で資格を取得するということは不可能です。
問題になるのは民間資格ですが、民間資格は必ず習得を義務付けられている資格ではありませんから、無資格でも技術があるのならば即座にセラピストを名乗って開業することは可能です。
独学の場合は、自分で専門書を買って学習したり、サロンに勤務して現場での経験を積んだりなどして、セラピストとしての技術を身につけることになるでしょう。
しかし、カイロプラクティックにしろ、リフレクソロジーにしろ、海外では医療技術として認知されているほど確立された技術であり、その習得のためには人体についての解剖学的な専門知識を多く必要とするものです。
大切なお客様の体を扱う仕事ですので、生半可な知識や経験だけでは、十分な技術を身につけることは難しいですし、大きな事故にもつながりかねません。
こうした事情を総合的に考えると、独学での開業はあまりおすすめできません。
民間資格を取得するためのスクールでは、費用やスケジューリングにもいろいろ幅があり、通信講座なども多く実施されていますので、自分の都合に合った講座を選んでしっかりと学んだ方が近道と言えます。

まとめ

ここまで、アロマセラピストの世界や仕事についていろいろと説明してきましたが、「結局何から始めるべき?」と思った方もいるかもしれません。
ここまで読んで頂いたあなたならこれからも問題なく進めます。
まずは、アロマセラピー資格スクールや講座の無料の資料を貰いましょう。
無料の情報を集めて検討することで、自分に向いているか確認してください。
1つではなく3つくらい見比べてみると自分がこの業界とどう関わりたいのか見えてきます。
興味のある方は、まずは資料をもらうという小さな行動から始めて見ましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする